意外と知らない援助交際の金銭事情

援交では金銭のやり取りが男性と女性の間で行われるが、体験したことがない人は援交の金銭事情をそんなには知らないよね。

世にあふれる情報を取捨選択することが必要です。
そのためには「世間的にはこれくらいが常識」という判断基準を持っておかなければなりませんね。
援助交際と呼ばれる大人の「セフレ」の関係においても、一回あたりどれくらいの相場があるのかを知っておく必要があります。

むやみに支払うのは得策ではない

そもそも、セフレに対してむやみにお金を支払うのは得策ではありません。
「たくさんお金を支払っておけば、関係が長続きするのでは」と思われるかもしれませんが、そんなことはないのです。
むやみに支払った結果、相手が速く逃げてしまうなんてこともあり得るでしょう。

相手方があなたをだましているかもしれない

もしもあながた相場を知らずに支払っていたらどうなるのでしょう。
相手方があなたのことをだましているのかもしれません。

いろいろな女性が世の中にはいますから、あなたのことをだまさない女性がいないとは限りません。
つまり、相場を知っておけば「これはないだろう」という金額をあらかじめ知ることができるということです。

お金の授受がなかったとしても

もしも本当の大人の恋愛で、「お金のやりとりなんかなくてもよい」というセフレとの関係だった場合でも相場を知っておく利点があります。
たとえばどこかでご飯を食べることを約束した際に、相場と同じくらいの食事をすればちょうどおあいこになるからです。
ある程度大人の関係を結ぶときには、お互い口には出さないけれど知っておかなければならない常識もあるのでしょう。

セックスをするのも人間との関係だから

セックスをする相手は機械ではなく、人間が相手です。
時には自分自身を守る必要が生まれることだって十分に考えられますね。
今回は、援助交際をするときには一回あたりどれくらいの金額を支払えばよいのかという相場をご紹介したいと思います。
世の中ではいったいどれくらいの金額が、男性から女性に対して支払われているのでしょうか。

Comments are closed.